転職を考えてみた

勉強道具
最近、ふと転職を考える機会が増えました。
きっかけは完全にコロナですが(笑)

それ以前から「35歳までには転職を考えないとなぁ」となんとなく頭にはありましたが、いよいよ真剣に考えるようになってきたのです。

なんてたって今は打撃を受けまくっている旅行会社に勤務しているため、旅行客の現象は避けられません。今のところリストラはなさそうな雰囲気ですがあてにもできず、この先どうしようという感じ。

副業ではじめたチャットレディも月に30万円以上まで稼げるようになりましたが、40代、50代まで続けるのはしんどそうです。

今は本業と副業でお金を貯蓄する日々ですが、2年後ぐらいには転職したい!!

でもやりたいことも見つからず、、、
どうしようかなという感じです。

自信を持って転職する人なんていない!

転職を考えている人って結構いるんですね。
SNSでも結構な人がつぶやいているとしり、少し安心しているわたし。

でも、求人なんかはやっぱり35歳未満のところがほとんど。
現在32歳のわたしは焦る焦る(笑)

いろいろな本やコラム、相談などもしてきましたが、結論!!!

「後悔しなければOK」

ということになりました。

誰も先のことなんてわかりません。
将来のために、今できることは後悔しない選択をすることです。
だから、くよくよ悩まずに転職に向けて少しずつでも動き出そうと決めました。

どんなに「できるこの人!」という人物でも、転職するにあたり悩んでいない人なんていません。たとえ転職はできても、ほかの会社で通用するのか若手のように走りまわらなければいけないなど、不安がない人なんていないんだと気付かされたのは大きな一歩になりました。

今年から来年にかけては転職に向けて準備を勧めるぞ!!

どの分野に進む?

今の旅行会社は新卒で入社しずっとそのままです。
すでにキャリアは10年以上。

だから、ほかの会社のことは知らないし、新しいことにチャレンジすることへの不安ももちろんあります。

そして課題なのはどの分野に転職するのかです。

長い目をみてオフィスワークの仕事がいいけれど、誰でも出来るような事務よりももっと専門的なものがいいということだけしか決まっていません。

しかし事務の求人は低賃金ばかり。

今の仕事は新卒で入社したのもありボーナスは月に2回。
それなりに良いお給料はもらえていたと自負しています。

となると、、、、

やっぱり在宅でできる専門的な事務がいいなと思うようになりました。

専門的なスキルが必要な事務も検索するといくつか候補がでましたが、気になったのが貿易事務。

海外からの輸出入にかかわる資料作成や必要な処理を進めていくらしく、興味津々。

必要なスキルを調べていくと、やっぱり語学力は必須のようです。

とくに英語は必須な感じですが、ほかにも中語語やスペイン語、フランス語、韓国語も何かに特化しているといいようです。

わたしの現状といえば、、、、

なし、、、(笑)

旅行好きで海外に行くのは好きだけど、正直全然しゃべれません。
というわけで、とりあえず地道に英語を勉強するぞ!!!

英語を取得できれば、今勤めている旅行会社でも報酬アップに繋がるし、損することはないなと張り切って、本を購入してみました。

しかし全然わからん(笑)

文法はなんとなく中学校の頃の記憶をたどっていますが、リスニングが全く皆無。
何を言っているのか全くわからん。。

え?ガチでみんなどうやって理解しているのーーー

と思わず悲鳴をあげてしまう。。

グーグル先生に聞いてみると、耳が慣れていないそうなので、普段から英語にふれる機会を増やすことにしました。

家ではできるだけ洋楽を流し、映画ももちろん日本語字幕で聞くのは英語です。

来年あたりには旅行先でわたしの英語力を披露することができるだろう!!!!